江別珈琲豆屋 Tutti(トゥッティ)
Tuttiは自家焙煎にこだわった小さな珈琲豆屋です。
プロフィール

atticafe

Author:atticafe
Tuttiは北海道江別市の野幌公園にほど近い、自家焙煎の小さな珈琲豆屋です。
お店に関する色々なお知らせ、日々の出来事などを綴っていきます。



QRコード

QRコード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



お役立ちコーヒー器具類



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束
ここ最近は、自分が口にするものについて随分と気を遣うようになりました。
「食は身体を作る」ということを、実際に経験しつつあるからです。
化学物質はなるべく取らないようにすること、野菜と魚中心のいわゆる昔ながらの質素な食生活をすることを普段から心がけています。

コーヒーだって食のひとつ。
最近は健康を維持するための食品としても注目され始めているようですが、ひとくちにコーヒーと言っても、やはり丁寧に作られた新鮮なコーヒーでなければ、いいコーヒーとは言えないと思います。

原料を厳選する。
一粒一粒目で確認しながら欠点豆を取り除く。
温度、湿度、豆の立てる音、すべてに細心の注意を払いながら焙煎する。
焙煎後にもう一度欠点豆を取り除く。
適切に保管し、新鮮なうちに販売する。

当たり前のことを丁寧に責任を持って行う。
お客様にも自分にも、嘘はつかない。
食文化の一翼を担うという責任と誇りを持って、日々コーヒーと向き合っています。

たかがコーヒー、されどコーヒー。

今日みなさんが飲んだ一杯が、どうかいいコーヒーでありますように。



cupkage_convert_20130331171455.jpg





スポンサーサイト
バトン
ハンドピックに集中して疲れた目と肩をいったん休ませようと立ち上がったら、お店の中にきれいな西日が入ってきてました。
今日はとってもいいお天気です。

ハンドピックに集中してるとあっという間に時間が経ってしまいます。
一粒一粒より分けながら確認して欠点豆を取り除いていく、根気のいる作業です。
焙煎前の生豆の段階で一度、焼き上がってからもう一度、計二回行います。


先ほどコロンビアの豆の中に小さな石が混ざっていました。
こんな小さな石でも、もしこのまま焼いてしまったら大変。
焙煎機の故障につながるかもしれないし、万が一お客様の手元に届いてしまったら…。
そう思うと気が抜けないのです。

コーヒー豆は農作物です。
作付、育成、収穫、精製に至るまで、自然の恵みに左右され、たくさんのたくさんの人の手を経て、はるばる日本まで運ばれてきます。
お客様にコーヒーが届くまでの幾多の過程の中で、最終段階が私。
そう思うと緊張感すら漂います。絶対に手を抜けない。

中米の地コロンビアからはるばるここまでやってきた小さな石を見て、このコーヒー豆の生産に携わった多くの人たちに思いを馳せます。
もちろん、一度も会ったことのない、全く見ず知らずの人々。
たくさんの人たちの思いを乗せて、今ここに繋がれたバトン。

最終ランナーの私はそのバトンの重みをひしと感じながら、「お客様の美味しい笑顔」というゴールまで、全速力で走り抜けるのみです。


mame_ishi_convert_20121124151834.jpg




雪割草、好評です。
朝は晴れてて穏やかな春の休日…といった様相だったのに、一変。
雪が激しく降ってきました。
外に並べてた水分に弱いうちの看板たち、今あわてて中にしまいました。。。

さて、3月限定ブレンド「雪割草」、おかげさまでご好評いただいております!
お客様の間でも今月限定ブレンドが定着しつつあって、
「今月のブレンドは何かな~?」と楽しみにして下さっているお客様が多いです。

お客様に、いろんな味のコーヒーを楽しみながらお試しいただきたいという思いで毎月ブレンド作っていますので、時には、「ちょっと自分には苦すぎるかな」とか「ちょっと酸味がキツイかな」とかいう感想をお持ちになることもあるかと思いますが、その味の違いを楽しみながら、ご自分の好みを探っていただければと思います。

今月の「雪割草」は苦味と甘味のブレンドです。
苦いコーヒーが好き!って方は多いと思いますが、ひと口に「苦味」といっても、とがってる苦味、どっしりとした苦味、ほろ苦さ…、いろんな苦味がありますので、その辺も感じながら味わってみると楽しいと思います☆

雪割草は、、、さて、どんな苦味でしょう??
ご感想、どしどしお寄せ下さい。
お待ちしております(^O^)/









その背中を追って
今朝は大雪。
車を走らせていてもこれってホワイトアウトって状態かしら…と一瞬恐ろしくなるくらいの状態。
午前中だけでお店の前を3回雪かきしました。



yukigeshiki_convert_20120124174722.jpg


正午を回る頃にはそれまでの大雪が嘘のようにスキっと晴れて、綺麗な青空がのぞいていましたが…

今年は積雪も寒さも厳しい冬となりましたね。
とはいえ、自然相手に太刀打ち出来るわけもなく。
ただただ耐え忍んで春を待つしかないのも例年のごとし。

冬来たりなば春遠からじ。

じっと春到来を待つ今日この頃です。



昨日は定休日、ちょっと用事があって出かけた先でOLDタイプの喫茶店を見つけ、コーヒーを一杯飲ませていただきました。
店内は昭和レトロのムードたっぷり。
シャツをキリッと着こなしたマスターがカウンターで丁寧にコーヒーを淹れてくれました。

とっても美味しいコーヒーでした。

出先で美味しいコーヒーに出会うと、本当に嬉しくなります。
正直、その確率は高くありません。
例え自家焙煎をうたっていても、です。
いわんや今はやりのオシャレなカフェでは…。
なかなか難しいものです。

昨日のお店は賑やかな街中のお店ではありません。
札幌市内の下町、、、と言うのかどうか分かりませんが、
地下鉄沿線でもなく、JR沿線でもなく、本当に地元商店街の中にある一軒のお店でした。
もちろん、コーヒー豆は自家焙煎。
聞けばもうその場所で20年以上も続けられているとのこと、
地元のご常連のおじ様たちが、「マスター、マスター」と親しげに声をかけていらっしゃいました。

マスターは初めて訪れた私にもきさくに声をかけて下さって、少しお話をさせていただきましたが、
心地よい落ち着きを感じさせるお人柄で、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。


美味しいコーヒー。
ほっとくつろげる空間。
優しいお人柄と暖かな会話。


これこそ一杯のコーヒーがもたらす究極の贅沢。
なんて豊かな時間でしょう。


心の栄養をたくさんいただいて帰ってまいりました。
そして、個人的な宿題、課題、そんなものもたくさんいただいたような気がします。

日々勉強、勉強、また勉強。
尊敬でき、その背中を追いたいと思わせてくれる先人たちがいてくれることは、本当に有難いことです。

その道のりは遠いでしょうが、出来ることからひとつひとつ、頑張っていきます。

丁寧に豆を焼いて、一杯一杯に心を込めて。

まずはそこからですね。




秋晴れSUNDAY
気持ちのいい秋晴れです。
昨日今日と、お天気に恵まれましたね。
店前のお掃除を念入りにするふりをしつつ(笑)、
太陽の光を全身にいっぱい浴びて、気持ちいいな~と存分に日光浴をしちゃいました。

昨日からご近所の札幌学院大学の大学祭が行われており、
いつもの週末よりも若者たちの姿が多く見受けられます。
残念ながら、「行ってきたよ~」という声はまだ聞いていないのですが、
さぞや賑わっていることでしょうね。

明日10日19時30分からは約500発の花火が打ち上げられる予定とのことです。
お店からも見えるかな~
この時期の花火って珍しいですよね。
見えたらいいな~。ちょっと、楽しみです。

さて、日中は気温が高くても、陽が落ちたらすぐに寒くなってきて、
秋の深まりを感じつつある今日この頃。
気温の低下とともにホットコーヒーもますます美味しく感じられるこの季節、
お客様のコーヒー消費量の増加も、みなさまの豆の購入量から感じられつつあります(笑)

今月より新発売している10月限定ブレンド「さざんか」や、「ドミニカ バラオナ」なども、
おかげさまでご好評いただいております。
「さざんか」は発売以来、こればっかりリピートして下さる常連さんもいまして(笑)
美味しいといって飲んで下さると、こちらとしてもとっても嬉しいです。

この他にもたくさんの種類の焼き立てコーヒー豆を準備しております。
新鮮で焼き立て、心をこめて丁寧に準備した、自慢のコーヒー豆たちばかりです!!
ぜひみなさまに味わっていただきたいと思っております。

今日も明日も、10時から19時まで元気に営業しております。
たくさんの皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます!


cup3.jpg












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。