江別珈琲豆屋 Tutti(トゥッティ)
Tuttiは自家焙煎にこだわった小さな珈琲豆屋です。
プロフィール

atticafe

Author:atticafe
Tuttiは北海道江別市の野幌公園にほど近い、自家焙煎の小さな珈琲豆屋です。
お店に関する色々なお知らせ、日々の出来事などを綴っていきます。



QRコード

QRコード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



お役立ちコーヒー器具類



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday
朝一番から、あっち行ったりこっち行ったり、

あれをやって、これをやって、そうだそれもやんないと!

バタバタバタバタ…


ようやく今一息つきました…。


月末ですしね。
やること満載。。。


今日で1月も終わりとは、、、まぁ、なんて早いことでしょう。
明日から2月。
新しいブレンドも準備完了、明日のお披露目を待つばかりです
楽しみにしてて下さいね~


そうそう、実は今日1月31日は、Tuttiのお誕生日なんですよ

満4歳になりました

これまでも「祝!○周年」なんてことはしてこなかったので、
毎年いたって普通にこの日を迎えております。
本日も同様。
でも、心の内には感慨深いものがあります。

もし、10周年とか20周年とかを迎えられたら、
そのときは盛大にお祝いしたいものですね

それを目標に明日からまた地道に頑張ります。



さて、閉店まであともう一仕事!!



明日から発売の新ブレンド、ぜひお楽しみに~
どんなブレンドか、確かめに来て下さいね。
お待ちしております☆




スポンサーサイト
雪だるまとコーヒーと、時間についての一考察
朝からずーっと雪が降ってます。

ずんずんずんずん降ってます。

どんどんどんどん積もります。

雪かきなんか、やってもやっても終わりません。

後から後から降ってきます。


yukiyama_convert_20120128145539.jpg


店の前を雪かきして出来た雪山、今日一日でこの大きさです。

といっても、この後まだまだ大きくなると思いますけど…



今日は近くの大学を会場に、介護関係の試験が行われているらしく、朝からたくさんの人が行列をなして歩いていました。
みなさん頭や肩に雪をどっさり乗せて、ほとんど雪だるま状態…
大変そうでした。



先ほどコーヒーを飲みに来てくれたお客様。

「こうやって降る雪をボーっと眺めながらコーヒーを飲むって、贅沢だよね」

とおっしゃってました。

携帯電話も家にテレビもないとおっしゃるそのお客様に流れる時間は、とても優雅で濃密で豊かなものなんだろうな…と思いました。

そのお客様が帰られた後、しばし空を見上げて、ただただ降る雪を眺めてました。

そう言えば最近、こうやって雪を眺めることなんてなかったな…と、自分も昔はこんな時間をたくさん持っていたことを思い出しました。

贅沢を味わうのにお金なんていらないんだってこと、あらためて実感しました。




ゆっくりと、静かに流れる時間。

傍らには香り豊かな一杯のコーヒー。

そんなささやかな贅沢、皆様にもおすそ分けできたらと思います。



午後のつぶやき
日が長くなりましたね。

寒さも雪も今年はなんだか厳しい冬ですが、でも、夕方4時半を過ぎてもまだお日様が落ち切っていないこの感じを見ると、少しずつ少しずつ、春が近づいてきているんだな~と実感します。

ここしばらくは4時前には外の看板の明かりをつけていましたが、今日は5時ちょっと前にスイッチオン。
明かりをつけると同時に、急に夜が深まっていくように思えるから不思議です。

yoru_convert_20120126170551.jpg



今日は朝から快晴、でも、こういうの放射冷却現象っていうんでしたっけ、ものすご~~~く冷えてました。
お日様は射しているのに、空気がキーンと冷えて、「しばれる」って表現がぴったりの寒さ。

朝から焙煎機に火を入れて豆を焼きましたが、豆をハンドピックするにも手がかじかんで、なんだかいつもよりうまく掴めない…。
思わず焙煎機に手をかざして、ほとんどくっつけるようにして、温めてもらいました。
夏の焙煎は暑くて大変だけど、冬の焙煎はあったかくて助かります。
部屋の中にもうひとつストーブがあるようなものです(笑)


早いもので1月ももう少しで終わりです。
1月限定のブレンド「水仙」も今月一杯で販売終了となりますので、まだお試しでない方はぜひお早めにどうぞ!

さきほど午後の仕事がひと段落ついたところで、自分用に「水仙」を一杯淹れました。
柔らかな苦味、ほんのり感じる甘味…、美味しくいただきました。えぇ、自画自賛です(笑)

間もなくやって来る2月の限定ブレンドは、どんな感じにしようか…
水仙を飲みながら、構想を練っていました。

さて、一息ついたし、早速ブレンドの試作に入ろうかな。

みなさまもぜひお楽しみに☆



その背中を追って
今朝は大雪。
車を走らせていてもこれってホワイトアウトって状態かしら…と一瞬恐ろしくなるくらいの状態。
午前中だけでお店の前を3回雪かきしました。



yukigeshiki_convert_20120124174722.jpg


正午を回る頃にはそれまでの大雪が嘘のようにスキっと晴れて、綺麗な青空がのぞいていましたが…

今年は積雪も寒さも厳しい冬となりましたね。
とはいえ、自然相手に太刀打ち出来るわけもなく。
ただただ耐え忍んで春を待つしかないのも例年のごとし。

冬来たりなば春遠からじ。

じっと春到来を待つ今日この頃です。



昨日は定休日、ちょっと用事があって出かけた先でOLDタイプの喫茶店を見つけ、コーヒーを一杯飲ませていただきました。
店内は昭和レトロのムードたっぷり。
シャツをキリッと着こなしたマスターがカウンターで丁寧にコーヒーを淹れてくれました。

とっても美味しいコーヒーでした。

出先で美味しいコーヒーに出会うと、本当に嬉しくなります。
正直、その確率は高くありません。
例え自家焙煎をうたっていても、です。
いわんや今はやりのオシャレなカフェでは…。
なかなか難しいものです。

昨日のお店は賑やかな街中のお店ではありません。
札幌市内の下町、、、と言うのかどうか分かりませんが、
地下鉄沿線でもなく、JR沿線でもなく、本当に地元商店街の中にある一軒のお店でした。
もちろん、コーヒー豆は自家焙煎。
聞けばもうその場所で20年以上も続けられているとのこと、
地元のご常連のおじ様たちが、「マスター、マスター」と親しげに声をかけていらっしゃいました。

マスターは初めて訪れた私にもきさくに声をかけて下さって、少しお話をさせていただきましたが、
心地よい落ち着きを感じさせるお人柄で、本当に楽しいひと時を過ごさせていただきました。


美味しいコーヒー。
ほっとくつろげる空間。
優しいお人柄と暖かな会話。


これこそ一杯のコーヒーがもたらす究極の贅沢。
なんて豊かな時間でしょう。


心の栄養をたくさんいただいて帰ってまいりました。
そして、個人的な宿題、課題、そんなものもたくさんいただいたような気がします。

日々勉強、勉強、また勉強。
尊敬でき、その背中を追いたいと思わせてくれる先人たちがいてくれることは、本当に有難いことです。

その道のりは遠いでしょうが、出来ることからひとつひとつ、頑張っていきます。

丁寧に豆を焼いて、一杯一杯に心を込めて。

まずはそこからですね。




職人魂
先日テレビで見た職人さんのお話がね、とっても良かったんです。

79歳のご婦人で、和菓子職人さんなんです。

インタビューの中に、心に響く言葉がいくつもありました。


同じ和菓子職人だった父に「お金は貯金しなくてもいいから、お客様の信頼を貯金しなさい」と教えられたと語るその方の瞳が、なんていうかもう、何か一筋に取り組んできた人特有の気高さというか、真っ直ぐさというか、そういうものに満ち満ちていて、とても美しかったのです。

修行一筋に生きてきて、60年なんてあっという間だった、って言うんですよ。
だから、これからの60年もあっという間だろうから、120歳まで生きたい、と。


謙虚で、まっすぐで、一生懸命で。
何十年修行しても、その姿勢が変わらないことの尊さ。


その方が、息抜きに…と近くの喫茶店にコーヒーを飲みに行くんですけど、その時の言葉がまた良かったんです。
「小豆もコーヒーも、豆だから、豆は命を育む実だから」って言ってたんですよね。

そっかぁ、そうだよな、豆には実が入っていて、そこから芽吹いてまた新たな命が生まれて…
私が毎日手にしているコーヒー豆は、そういうものなんだよなぁ…って、改めて思いました。


その方の作る羊羹は当然大人気で、数量限定のその羊羹を求めて、毎日開店何時間も前から行列ができるそうです。

私自身は並ぶことは好きじゃないし(他にも美味しいものはごまんとある!)、「行列が出来る=美味しい店」という図式を単純に信じるわけではありませんが、ただ、その方が真剣に修行を重ねてきた当然の結果の表れ、ひとつの成果として見ることは出来ると思います。
そしてまた、お客様の舌も正直で、嘘はつきません。



積み重ね、積み重ねたものが、どこへ行き、何になるのか。
はるか遠くにあるその答えを追い求めるのではなく、目の前にあるひとつひとつのことを懸命に。
それに集中できるのが、真の職人なのかもしれません。


職人道の端の端の端…に位置するものとして、本当に、勉強に、なりました。




「シグリ農園」人気です
昨日からセンター試験が行われています。
Tutti近隣の大学も試験会場となっているのでしょう、制服姿の高校生をちらほらと見かけます。

センター試験といえば、なぜか例年、ものすごく天候が荒れるという印象がありますが…
今年はこの辺りはわりと穏やかな天気で…、といっても、すっご~く寒いですけどね

昨日今日とお店にいてもなかなか身体があったまらなくて(特に事務所スペースは寒いんです…)、寒い寒いと震えてました。
受験生のみなさまも、寒さに負けることなくあと数時間、何とか頑張っていただきたいな~と思います。


さて、新商品の「シグリ農園」ですが、早速大人気です!
先月新発売した「ブラジル ハチドリ」に続き、大ヒットの予感…

豆を買いに来て下さったお客様に「おススメは??」って聞かれると、どれもこれもおススメなんで迷ってしまうんですけど…
でも、今の私に「おススメは??」って聞いたら、まず間違いなく「シグリ農園」と「ハチドリ」は答えに入って来ると思います(笑)

お客様の大体のお好みをお聞きして、これがいいかなと思う豆についていくつか特徴をご説明しますが、私自身はどれも美味しいと思っているのでついつい説明に熱が入り、それを聞いたお客さまもどれも良さそうな気がして迷ってしまうという…
大体そんなパターンが多いです(笑)

そんなときは、いくつかの種類を100gずつお買い求めいただくことをおススメしています。
味の違いを比べて楽しむこともできますし、今日はコレ、明日はこっち、なんてその日の気分によって飲むコーヒーを変えられたら楽しいですよね~

ぜひみなさまも、迷ってしまった時は、100gずつ何種類かお買い求めいただいて、それぞれの味の違いをお楽しみくださいね。


今は雪も降らず穏やかな天気です。
日曜の午後、お買い物ついでに美味しいコーヒー豆もぜひどうぞ。
また明日から始まる新しい一週間のために、心も身体ももう一度解きほぐしましょ



明日は月曜日、定休日のためお休みさせていただきます。
来週火曜日から、またみなさまのご来店をお待ちしております!





新商品「パプアニューギニア シグリ農園」発売!!
本日より新商品発売です!


*「パプアニューギニア シグリ農園」 
    100g530円・1杯300円



shigri_convert_20120113155513.jpg




パプアニューギニアというと、オーストラリアの少し北に位置するあの恐竜みたいな形の島、、、私は昔から恐竜みたいと思ってました…、あの島の半分を占める国です。
(ちなみに残り半分はインドネシア領です)

そのパプアニューギニアの西部高地にあるのが大農園「シグリ農園」。

「一日で一年の気候を繰り返す」と言われるほどの気象の変化がコーヒーの生育に理想的であることに加えて、通常より一日多く水洗発酵過程をもうけたり、たっぷり10日間かけて天日乾燥させたり、豆の手選別も二度にわたり行われるなど、非常に手間暇かけて丁寧に作られているコーヒー豆です。

豆自体の見た目も大変美しく、高品質コーヒーの品格が見るからに備わっています。
非常にコクがあり、芳醇な香りとまろやかな甘味、それに加えて高級品種固有のほのかな酸味を感じます。
これらが絶妙なバランスで口の中に広がり、最後の一滴まで大変美味しく飲んでいただけるコーヒーです。

最近は柔らかめの味わいの豆が続いていましたが、久しぶりにしっかりとしたコクのあるコーヒーの登場!という感じがします。


先ほど飲んでいただいたお客様。
「お、これは美味いね」とお褒めいただきました。
飲み干して、最後に一言。
「ウマいから、同じのもう一杯淹れて!」
普段はしないおかわりまでして下さいました。

ただ美味しいから、というだけではなく、何となく「もう一杯飲みたくなるコーヒー」なんですよね。
スッキリ感はあるけれどもあっさりしすぎているわけではなく、くどくはないんだけどどっしり感はあって。
これを「絶妙のバランス」というのでしょうか。
ぜひ一度飲んでみてください。
飲んでいただいたらきっとお分かりいただけると思います。

インターネットショップでもお買い求めいただけますので、遠方の方は是非そちらもご利用下さい。
三千円以上のお買い上げで道内発送分は送料無料となります!


ここ数日寒い日が続き、外に出るのもちょっと億劫になりがち…
ですが、美味しい一杯のホットコーヒーがあれば、心も身体もきっとあったまります。
ぜひぜひTuttiに遊びに来て下さい。
店内あったかくして、みなさまのご来店を心よりお待ちしております!





成人の日に
3連休最終日の今日は「成人の日」です。
いつもは月曜日は定休日ですが、本日は祝日ですのでTuttiも営業しております。

成人を迎えるみなさま、おめでとうございます。

晴着を着て旧友たちと賑やかに笑い合う姿、
やんちゃしすぎて警察に制圧される姿、
すっかりこの時期の風物詩と化した感がありますね。

私自身は成人式には参列せず、淡々とその日を過ごしました。
晴着も着なかったし、写真も撮らなかったな。

そうすることの意味とか必要性が、見いだせなかった気がします。

「みんながするから」というのは自分にとっては答えではなく、
意味のわからないことは、することができない。

そんな青臭さ、頑固さは今も全然変わってないような気がします。

20歳を過ぎたら大人だとか、成人式に出たから成人だとか、
いわばひとつの通過儀礼みたいなものなのでしょうが、
少なくとも、自分には必要ないと思ってました。

あれからたくさんの月日が過ぎましたが、果たして自分は「成人」できているのでしょうか。

この答えは一生かかって探していくものなのかもしれません。


ぼんやりとそんなことを考えていたら、こんな詩を見つけました。
現代に生きる大詩人、谷川俊太郎さんの「成人の日に」という詩です。






「成人の日に」 谷川俊太郎



人間とは常に人間になりつつある存在だ

かつて教えられたその言葉が

しこりのように胸の奥に残っている

成人とは人に成ること もしそうなら

私たちはみな日々成人の日を生きている

完全な人間はどこにもいない

人間は何かを知りつくしているものもいない

だからみな問いかけるのだ

人間とはいったい何かを

そしてみな答えているのだ その問いに

毎日のささやかな行動で



人は人を傷つける 人は人を慰める

人は人を怖れ 人は人を求める

子どもとおとなの区別がどこにあるのか

子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな

おとなは一生大きな子ども



どんな美しい記念の晴着も

どんな華やかなお祝いの花束も

それだけではきみをおとなにはしてくれない

他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ

自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ

でき上がったどんな権威にもしばられず

流れ動く多数の意見にまどわされず

とらわれぬ子どもの魂で

いまあるものを組み直しつくりかえる

それこそがおとなの始まり

永遠に終わらないおとなへの出発点

人間が人間になりつづけるための

苦しみと喜びの方法論だ




谷川俊太郎詩集『魂のいちばんおいしいところ』より





詩を紹介するなんて、ちょっと照れ臭いですね。
でも、今日はあえてそれをしようと思いました。
説明の言葉は必要なし、
それぞれが、それぞれで感じるもの、きっとそれがその詩の魂です。



成人の日を20歳を迎える若者の日ではなく、
誰もが「人に成る」ということに思いを馳せる日にすれば、
今日という日の意味は少し違ってくるかもしれませんね。





3連休
お正月休みが明けた、と思ったら、世の中今日から3連休なんですよね。

「週末は荒れ模様」と何日か前の天気予報で言ってた気がするんですけど、
今のところはいたって穏やかな冬晴れ。
昨日は除雪に悲鳴を上げた方も多いかと思いますが…
この週末はこのまま穏やかに過ぎていってほしいですね。

月曜日は成人の日なんですもんね~
Tuttiに来る学生でも、今年成人式を迎える方たちが何人かいます。
地元の友達と久しぶりに会って、盛り上がるのかな。
お土産話を聞くのが、今から楽しみです。

今度の月曜日、1月9日は祝日ですので、Tuttiは休まず営業致します。
お買い物や行楽の帰りなんかに、ぜひぜひお立ち寄りくださいね。
お正月や仕事初めで疲れた身体に、きっと一杯のあったかいコーヒーが沁みますよ。

今月限定の新ブレンド「水仙」もたくさんの皆様にご好評いただいております。
毎月「今月のブレンドはなに??」と楽しみにして下さっているお客さまも多く、
私としても大変嬉しく、作りがいを感じております。
みなさまのご意見・ご感想を聞かせていただけるのも楽しみにしておりますので、
ぜひぜひ飲んでいただいて、忌憚ないご意見をお聞かせ下さい。

来週あたりにはまた新しい豆を発売する予定で準備も進めております。
みなさまもあまり飲んだことのないような豆で、美味しいものをご紹介できればなぁと思っておりますので、ぜひ楽しみにしてお待ちくださいね。


それではみなさま、3連休をのんびりと楽しくお過ごし下さい。
美味しいコーヒーが飲みたくなったら、ぜひ遊びに来て下さいね~。
Tuttiはいつでもみなさまのお越しをお待ちしておりますよ




新商品「1月限定ブレンド 水仙」発売!
新年の営業開始とともに、1月限定ブレンド、新発売です!


「1月限定オリジナルブレンド 水仙(スイセン)」 100g500円・1杯300円

suisen_convert_20120104181244.jpg



北海道では1月に水仙にお目にかかることはまずないですけどね(笑)
それでもやはり水仙といえば寒くなってから開花する花。
そして、海外では「希望」の象徴として募金活動のキャンペーンなどに用いられることも多いそうです。

これは新年の幕開けにはピッタリのブレンド名ではないですか!!

…と、自画自賛してしまいました


味わいの方は、といいますと。
柔らかで甘味もあって飲みやすいかな…、と思いきや、キリッとスパイスのように苦味が利いていて、一口で二度も三度も楽しめるような、そんな味わいのブレンドに仕上げました。


先ほど「水仙」を飲んで下さった常連のお客様のコメントです。

一口目…「ん??なんかあまり飲んだことないような感じ…??」
二口目…「あ、ちょっと苦味が効いてるね!」
三口目…「やっぱ、ウマいわ~!!」

とのこと(笑)

味覚には個人差がございますので、参考までにどうぞ、ということで…


皆様もぜひ一度お試しください!
今月だけの限定ブレンドです。
インターネットショップからもお買い求めいただけますので、遠方のかたはそちらもご利用下さい。
3000円以上で道内発送分なら送料無料となります!
ぜひお得にお買い物して下さいね。




いくぶんお正月モードも残しながら、でも行き交う車の多さに仕事初めの活気も感じる、そんな年明け4日の夜。

雪がちらちらと降ってきました。

少し、積もりそうです。



年始のご挨拶
新年明けましておめでとうございます!

2012年を迎えました。
当店は本日1月4日(水)より通常通り営業致しております。

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして誠にありがとうございました。
今年も皆様に新鮮で安全で良質のコーヒー豆をお届けできるように精一杯精進して参りますので、変わらぬご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

今朝、気持ちも新たに今年初めての焙煎をしました。
今月限定のブレンドも新しく準備しております。
ぜひ当店に遊びに来て下さい!
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。