江別珈琲豆屋 Tutti(トゥッティ)
Tuttiは自家焙煎にこだわった小さな珈琲豆屋です。
プロフィール

atticafe

Author:atticafe
Tuttiは北海道江別市の野幌公園にほど近い、自家焙煎の小さな珈琲豆屋です。
お店に関する色々なお知らせ、日々の出来事などを綴っていきます。



QRコード

QRコード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



お役立ちコーヒー器具類



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お帰りなさい、スンさん
お隣の中華屋さん「開心飯店」のスンさん、東北ボランティアから無事に帰ってきて元気に営業再開しています!

先日のブログの反響が思いのほかありまして、「スンさんは無事に帰ってきた??」とその後についての問い合わせを何人かのお客様からいただいたりしましたので、現地の様子など、私がスンさんからお聞きした話を少し紹介したいと思います。

スンさんは岩手県の大槌町にボランティアに行かれました。
たくさんの学生ボランティアとともに、大きなお寺のお堂に寝泊まりしたそうです。
まだ3月の東北…。
スンさんは毛布一枚しか持っていかなかったそうで、寝るときは底冷えがして大変寒かったと笑って言ってました。

一番印象に残ったのは、個人宅のがれきの処理についてのお話でした。
コンクリートの土台しか残っていないような家が、まだまだ手つかずで残されているそうです。
そのお家の中に散乱している、食器や写真や生活の品の数々…
ボランティアの皆さんがそれらをひとつひとつ丁寧に拾い集め、きれいにし、そしてすべて片付け終えると、最後に、玄関先に鉢植えのお花をひとつ、飾るそうです。
コンクリートの土台しか残っていなくても、例え家としての体をなしていなくても、必ず玄関先に、ひとつ。


その姿に感動しました、とスンさんはおっしゃってました。


ただ事務作業としての「片付け」ではなく、そこには「気持ち」が込められているということ。

私もまた、そのお話を聞いて感動しました。

「さすが日本人です。日本人は大丈夫です」と、スンさんはお話の中で何度も繰り返しておられました。

そう言って下さるスンさんの瞳がまっすぐで、聞いている私の胸を打ちます。



一週間のボランティアを終え、日曜日に帰ってきて、月曜日には仕込みを始め、火曜日からいつもどおりに営業再開したスンさん。
「お疲れなんじゃないですか?身体、大丈夫ですか?」と心配する私に、スンさんは
「全然大丈夫!料理すること、大好きですから」
と少し照れくさそうに笑いました。


待ち構えていたかのようにお客さんが押し寄せ、火曜日からまた開心飯店は大繁盛。
卒業シーズンを迎え少し寂しさが漂っていた文京台に、また活気が戻ってきました。


そのお隣で私もいつもどおりにコーヒーを淹れています。
時間になると漂ってくる中華のいい香りにお腹がグーッとなったりします。

スンさんの優しさも、その香りに溶けて一緒に漂っているようで、こちらまで何とも言えない優しい幸せな気持ちになれます。



お帰りなさいスンさん、お疲れさまでした。






スポンサーサイト
Coffee&Jazz
TuttiのBGMは営業時間中はオールJAZZです。

(営業時間終了後に、たまに気分転換の為にJ-POPなんかをかけることもありますが)

とはいっても、全然ジャズに詳しいわけではありません。
何となく、珈琲イコールジャズだろうという…(笑)、そういうマッチングを重視した結果であります。

詳しくはないんですが、なんだかんだいっても一日中聴き続けてもう4年以上になるわけですから、やはり今となってはもうしっくりと耳に馴染むというか、当然の結果として、ジャズ大好きになりました。

プレイヤーも曲名も全然分かりません。
ただ、毎日、聴いてるだけ。
でも、好きです。
ピアノの旋律、ドラムのリズム、トランペットの響き、それらが混然一体となって生まれる音。
スタンダードジャズが一番好きです。
いい音楽をじっと聴いていると、身体に沁み入って来るような気がしてきます。

何ヶ月か前から店内には大きめのスピーカーを設置し、
一日中ノンストップでジャズチャンネルを流し続けています。

コーヒーを飲みながらじっとスピーカーから流れる音に耳を傾け、
「ここはいっつもいい音楽流してるね~」と言って下さるお客さまも多いです。
50代以上の男性のお客様は特にいい反応をして下さいます。

たまにお客様のいない時間帯に、店内のイスに座って、外の景色を眺めながら読みかけの文庫本を開いたりしてみます。
いつお客様がご来店されるか、内心はドキドキしています(笑)
事務所スペースは、窓はないしストーブもなくて寒いし、スピーカーの音もあまり届きません。
それに比べると店内は天国のように思えるのです(笑)
目は文庫本の文字を追いながら、流れる音楽に耳を澄ませます。
好きな感じの音楽だと、いったんページを閉じて、ただただ音を聞くことに集中します。
いい音が耳から心に入ってきて、なんにも変わらないけど、なにかが変わったような気もします。

いい気持ちになって、つかの間の休憩を終えます。
さて、豆を焼こうかな、とふわっと立ち上がります。

わたしという媒体を通してジャズとコーヒーはつながっている。
そんな不思議な感覚です。



たまに店内に一人でボーっと座っているわたしを見かけても、サボっていると思いませんように(笑)


吸収したすべてをコーヒーに還元したいという、そういう思いです。



みなさまもご来店の際にはぜひBGMにも耳を傾けてみてください。
詳しくはないので、曲名その他に関するご質問は受け付けておりません(笑)

ただ、その素敵な空間を、みなさんと一緒に共有できたらなと思っています。





スンさんの思い
Tuttiのお隣には、美味しくて大人気の中華料理店「開心飯店」があります。

お昼時や夕食時になると、お腹を空かせた体育会系の学生たちやサラリーマン、地元の家族連れなどでいつも大賑わいのお店です。

手作り餃子が人気ですが、定食も麺類も何もかもが美味しくて大満足!
私も大好きなお店です。



その開心飯店さん、昨日から1週間お休みしています。

「3月12日~19日までお休みします」という張り紙がお店の入り口に貼られたのを見て、中国人オーナーシェフのスンさんに理由をお聞きしました。

てっきり故郷に帰られるのかなと思いましたら、スンさんから返ってきた答えはとっても意外なものでした。



スンさんは昨日から1週間、東北地方にボランティアに出かけたのです。



一年前の大震災発生直後から、スンさんはずっとその思いを抱え続けていたそうです。

「11年前に日本に来て以来、日本人には本当にお世話になった。私は日本人が大好きです。日本人に何か恩返しがしたい。ずっとそう思い続けてきました」

と。


震災発生直後の混乱期に行くのはあきらめたけど、ずっとその思いを温め続け、一年後の今、ようやく実行に移したのです。


誰もが出来ることではないと思います。
ましてやお店を構える身、スンさんの料理を楽しみに来て下さるお客様のことを思うと、きっとたくさん悩み、迷ったことでしょう。


スンさんは本当に優しくて、誠実で、勉強熱心なお人柄です。
美味しい料理をお客様に提供することに、いつも全力で取り組んでおられます。
だからこそ、スンさんのお店は繁盛しているのだと思います。
私もいつも教えられることが多く、商売の師として、人生の先輩として、大変尊敬する方です。


スンさんは何の言い訳も釈明もなく、「3月12日~19日まで都合によりお休みします。よろしくお願い致します」という、一見素っ気なくも見える張り紙を一枚貼って、東北へ行きました。


何もできない私は、少しでも多くの方にスンさんの思いをお伝えできたらと、こうしてブログを書いています。


支援は続きます。これで終わり、ということは決してありません。
その思いはきっと、全世界共通です。


東北の方々にも、スンさんの美味しいお料理は喜んでいただけることでしょう。
スンさんの優しい思いと笑顔は、必ずや被災者の心に届くと思います。


そして願わくば、せっかくご来店頂いたのに張り紙を見て帰らざるを得ないお客様一人一人の胸に、少しでもスンさんの思いが届きますように…。


文京台の仲間たちはみな、まだ寒い東北の空の下で、額に汗して奮闘しているであろうスンさんのことを心から応援し、一週間後の帰りを待っています。




__+(25)_convert_20120313163445.jpg







新商品「ザンビア ビクトリアフォールズ」発売!!
本日から新しい豆を発売します!



*ザンビア 「ビクトリア フォールズ」
   100g530円・1杯300円




アフリカのザンビアで作られた希少価値の高いコーヒーです。
世界遺産で世界三大瀑布のひとつ「ビクトリアの滝」の名前が冠されています。

世界三大瀑布…「ナイアガラの滝」「ビクトリアの滝」「イグアスの滝」だそうです。
「ナイアガラの滝」しか知りませんでした…(笑)

「ビクトリアの滝」ってこれですよ…


VicFalls1_dai.jpg


私たち日本人のイメージする一般的な「滝」とはやはりスケールが違いますね…
さすがアフリカ大陸!



栽培、精選、選別までの工程が一貫した管理のもとで行われたコーヒーです。
大きさも粒も揃った大変きれいな豆で、欠点豆も少なく、品質の高さが伺えます。

味の方はといいますと。
フルーティで上質な酸味とクリーンな味わい、フローラルな香りが楽しめます。
この豆の酸味は、柑橘系の果物のような、南国系の花のような、何となくそんな可愛らしい印象を受ける上質で特徴的な酸味です。
冷めていくにしたがって、甘味が増してくる感じもあります。
ぜひ一度飲んでみてください!



アフリカに行くことはなかなか出来ないけど。
アフリカ料理を味わうことも、なかなか難しいけど。

アフリカの大地で栽培されたコーヒーを、遠く離れた日本に居ながらにして、こうして味わうことが出来るのは、なんだか不思議で、嬉しいことですね。

アフリカの大地の栄養を吸収して育ち、アフリカの空気を吸って、アフリカの労働者の方たちの手に触れ、長旅に揺られ揺られて、はるばる日本国北海道江別市文京台のTuttiまで運ばれてきたコーヒー豆。

そのコーヒー豆を今度は私がハンドピックし、焙煎し、お客様にお届けする。

こうして考えるととっても不思議で、なんだか奇跡のようにも思えます。


みなさまもぜひアフリカの空気、匂い、風を感じながら味わってみてください。
きっと一杯のコーヒーの味わいも、いつもと違って感じられるのではないかと思います。


インターネットショップでもお買い求めいただけますので、遠方の方は是非そちらもご利用下さい。
道内発送分なら、3千円以上のお買い上げで送料は無料サービスさせていただいてます!



ぜひたくさんの皆様に味わっていただけますように!




コーヒーの神様
今日は嬉しいことがありました。



「今月のブレンド、雪割草を一杯下さい」とご注文下さった女性のお客様。

丁寧にドリップしてお出しすると、一口飲んで「あぁ、美味しいですね」と言って下さいました。

「ありがとうございます!」とお礼を申し上げてから仕事に戻りました。

飲み干して、お帰りの際にまた声をかけて下さいました。

「このコーヒー…、不思議ですね、後口がとっても甘くて…!驚きました」とおっしゃいました。




まさに今月のブレンド「雪割草」で私が意図したところはそこでした。

若干強めの味わいで…、でも、苦味ばかりではなく、甘味も足したい。

しかも、途中でガツンと来る甘味ではなくて、最後に、後味でほんのりと甘味を感じるようなブレンドを何とか作れないか…、と試行錯誤して作ったのが今回の「雪割草」でした。

この意図を正確にお客様自身の舌で感じ取っていただいて、何と言うか、感無量…、

とっても嬉しかったです。


もちろん、豆の持つ力が大きいと思いますし、
まだまだ道半ば、ひよっ子の自分です、
自分自身のブレンドの技術を過大評価するつもりはまったくありません。


コーヒーを通じてお客様と心を通い合わすことが出来たようで、
それが本当に嬉しかったのです。


お客様にはただ「美味しい」とシンプルに感じていただけたら、それで充分です。

難しい感想や分析を求めたりはしません。

美味しいか美味しくないか、好みに合うか合わないか、
それだけを何となく感じていただけたら、もう充分。



きっと、たまたま今日は、コーヒーの神様が微笑んでくれたのでしょう(笑)


あるいは、もっと頑張れ、と背中を押してくれたのかもしれません。


だけど、本当に嬉しくて…


明日からまた一生懸命頑張ろう。
お客様に喜んでもらえるコーヒーを作れるようにもっともっと努力しよう。



そう思えた、いい一日でした。


コーヒーの神様、ありがとうございました。
これからも、頑張りますね。




雪割草、好評です。
朝は晴れてて穏やかな春の休日…といった様相だったのに、一変。
雪が激しく降ってきました。
外に並べてた水分に弱いうちの看板たち、今あわてて中にしまいました。。。

さて、3月限定ブレンド「雪割草」、おかげさまでご好評いただいております!
お客様の間でも今月限定ブレンドが定着しつつあって、
「今月のブレンドは何かな~?」と楽しみにして下さっているお客様が多いです。

お客様に、いろんな味のコーヒーを楽しみながらお試しいただきたいという思いで毎月ブレンド作っていますので、時には、「ちょっと自分には苦すぎるかな」とか「ちょっと酸味がキツイかな」とかいう感想をお持ちになることもあるかと思いますが、その味の違いを楽しみながら、ご自分の好みを探っていただければと思います。

今月の「雪割草」は苦味と甘味のブレンドです。
苦いコーヒーが好き!って方は多いと思いますが、ひと口に「苦味」といっても、とがってる苦味、どっしりとした苦味、ほろ苦さ…、いろんな苦味がありますので、その辺も感じながら味わってみると楽しいと思います☆

雪割草は、、、さて、どんな苦味でしょう??
ご感想、どしどしお寄せ下さい。
お待ちしております(^O^)/









3月限定ブレンド新発売!
3月です。

3月ってきくと、やはり「春」のイメージですね。

今日は気温も高め、雪どけも少しずつ進み、春到来を予感させる穏やかな3月の始まりです。



さて、今月の限定ブレンド、本日より発売です!!


*3月限定ブレンド!!「雪割草」 100g520円・1杯300円

yukiwarisou.jpg


春を告げる草花の総称として呼ばれることの多い「雪割草」。
雪を押しのけて咲く力強さと、その花の可憐さを、苦味と甘味で表現してみました。

どっしりと厚みのある苦味。
その中にほんのりと感じる甘味。
冷めてくると、その甘みが少しずつ際立ってきます。
後味はまろやか、舌の上に残るのはスウィートな柔らかさ。


春間近なこの時期にぴったりなブレンドに仕上げました。
この一杯を飲みながら、春の足音に耳を澄ませてみてはいかがでしょうか。


インターネットショップでもお買い求めいただけますので、遠方の方はぜひそちらもご利用下さい!
3000円以上のお買い上げで、道内発送分は送料無料となります☆


ぜひたくさんの皆様に飲んでいただきたいと思います。
皆様のご来店、心よりお待ち申し上げます。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。